ピンクシャンプーは黄ばみ防止にならない!?効果的な使い方を紹介

ピンクシャンプーは髪色をキープしながら穏やかに洗浄してくれるカラーシャンプーです。
暖色系のヘアカラーを楽しみたい人にとっては欠かせないアイテムとなっています。
ですが、ピンクの色味のみを補給するカラーシャンプーなので、使い続けるうちに黄ばみが気になってくることも。
だんだんと素敵な髪色が、オレンジや黄色っぽく変わるのは悲しいですよね。
今回は

  • ピンクシャンプーの効果が知りたい
  • ピンクシャンプーで黄ばむのはなぜ?
  • ピンクシャンプーの黄ばまない使い方

が気になる人にピンクシャンプーについてを紹介します。

ピンクシャンプーの効果

ピンクシャンプーは赤やピンクなどの暖色系ヘアカラーにしたときに色味を長くキープしたり、ハイトーンにした髪にほんのりピンク色を浸けてニュアンスカラーを楽しみたいときに使うシャンプーです。
普通のシャンプーでは、ただ髪や頭皮を洗浄するとともにせっかく髪に入っているヘアカラーの色素も取ってしまいます。
結果的に、美容室できれいに染めたとしても毎日のシャンプーでどんどん色味が退色し、薄くなったり黄ばみがでたりするのです。
ピンクシャンプーは、染めた色味を過剰に落さない穏やかな洗浄力に加え、シャンプー自体にも色素が入っているので長くきれいな色味を楽しむことが可能になります。

ピンクシャンプーは黄ばむ?

一般的に、ピンクシャンプーは毎日使うと髪の黄ばみが気になるといわれています。
その理由は、髪のもともとのベースの色素の影響です。
ブリーチで色素を抜いて黄色っぽい色味に被せるようにピンク系の色味をのせているので、ピンクが取れてくるとベースの黄色が目立ってきます。
ピンクシャンプーは髪にピンクの色みを足していくのですが、ピンクだけ足してもだんだんでてくる髪の黄ばみを抑えられずに、黄色と混ざってオレンジ系の髪色になるのです。
そこで使ってほしいのが紫シャンプー。
黄色の補色は紫なので、ピンクシャンプーだけでなく紫シャンプーを使えば、黄ばみをおさえつつピンクの色味を追加できるのです。

ピンクシャンプーの効果的な使い方

先述したように、毎日ピンクシャンプーばかりを使うことはおすすめできません。
どんな色味をキープしたいか、今現状のヘアカラーの色味はどうなのかにもよりますが、目安としてわかりやすいのが、「ピンクシャンプー」と「紫シャンプー」を交互に使う方法です。
日替わりで使ってみて、もう少しピンクの色合いを濃くしたいとなれば、ピンクシャンプーの比率を増やすなどセルフで調整していきましょう。

どうしても面倒な人にはこちらのアイテムがおすすめです。
KYOGOKU ピンクパープルカラーシャンプーPP
最初からピンクの中に紫が入っているカラーシャンプーなので、自分で調節する必要がなく毎日使っても黄ばみが気になりません。

ピンクシャンプーを使いこなそう

ふんわりとやさしい雰囲気にしてくれるピンク系カラー。
毎日のお手入れできれいな髪色をキープしましょう。
セルフケアでカラーの持ちがかなり変わるので、ピンクシャンプーは必須です。
ピンク単色配合なら、紫シャンプーも取り入れてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました